朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝活や早起きの17個のメリット

      2017/07/30


早起きや朝活にはさまざまなメリットがあります。

朝型の生活習慣を身につけるだけでもぜんぜん違ってくるものです。

生活を充実させたい。
気持ちいい一日を過ごしたい。
もっと活躍できるようになりたい。

早起き生活はこれらを容易に実現し、あなたの生活階級すらも変えてしまいます。

朝ちょっと早く起きるだけでも、生活そのものが大きくプラスの方向に変わるのです。

生活

集中できる

朝の時間は夜と比べ、疲れが少ないです。
体力があり余っているため眠気も少なく、脳も疲れていません。

スッキリとした状態ですので、朝は容易に集中できるのです。

また、朝というのは邪魔が入らない時間でもあります。

日中や夜であれば電話や雑談で集中力がとぎれてしまいますが、朝は誰も突っ込んできません。

作業中に話しかけられるということもありませんので、集中して朝の趣味に取り組めます。

集中力という点では、朝は一日のうちでピカイチです。

作業するにしても勉強するにしても運動するにしても、他の時間帯より集中して取り組むことができます。

また、クリエイティヴなことをするには朝ほど向いている時間もないでしょう。

  • 記事を書く
  • 絵を描く
  • 作曲する
  • ソースコードを書く
  • 企画を考える

これらは電話がなったり話しかけられたりする時間帯では効率が落ちるもので、朝にやるのがいちばん集中できたりします。

朝はクリエイターにやさしい時間でもあるのです。

勉強や読書の時間をとれる

2-pile-of-books-on-table-with-notebook-and-ball-pen

普通の時間の使い方をしていては、勉強や読書、情報収集の時間を確保するのがむずかしいです。

夜まで起きて、朝は出社に間に合うぐらいに起きる。これでは勉強の時間を入れられません。

朝早く起きるというのは、それだけ時間をとれるということです。

朝に予定を入れようとしてくる人はいませんし、夜と違って人付き合いに時間を取られることもないため、容易に時間を確保できます。

もしあなたが時間がないと困っているのであれば、朝の時間を狙ってみるのがいいでしょう。

夜早く寝てしまえば早い時間でも起きることができ、普通の人より1,2時間は多く時間をとることができます。

仕事後の時間は空くだろうと考えていると、なかなか時間を取れなかったりします。

急に仕事を頼まれてしまったり、仕事が長引いてしまったりと、夜はあまり時間を安定してとれなかったりするのです。

あなたが忙しい立場にあるとしても、朝の時間を使うことは有効です。

むしろ積極的に使ったほうがよくて、雑務を前倒しでこなせる、期限までに余裕を持たせられるといったことができます。

朝は時間の量を確保できるのみならず、質もついてくるというオマケ付きです。

集中できる、疲れていない、邪魔が入らない。これらの理由から、同じ1時間でも朝と夜とでは朝ほうが密度が高く、時間帯効率がよると比べてよくなりやすいです。

参考:朝活での読書は効果的

運動を生活に取り入れられる

運動を生活に取り入れることができるのも、朝型生活の特長です。

日常生活のなかで運動できるかどうかは健康に大きく影響し、運動のための時間がとれればその分健康を維持できます。

また取り組むための体力やモチベーションからも、仕事後の疲れた時間よりも朝のほうが取り組みやすいです。

普通に仕事をしていると時間の確保がむずかしく、疲れてしまって運動する気が起きないというのもありえます。

疲れていないというのは、それだけ運動をやれるだけの体力があるということ。仕事後の疲れてヘトヘトの時間よりも確実に運動できます。

家に帰ると寝てしまう。
仕事の疲れから運動できない。
運動のための時間がとれない。

これらの問題から運動ができない人は、朝の時間を使ってみてください。

思いのほか取り組みやすいはずです。

疲れにくい生活を送れる

早起きが習慣になると、疲れがたまりにくくなってきます。

早寝早起きすることを覚えられれば、疲れだらけの生活から解放されます。

朝早く起きるには、はやく寝てしまうというのがいいです。

疲れたら寝てしまうというのはいいことで、仕事後の疲れからはやめに寝てしまうことで疲れをとることができます。

疲れたらそのまま寝てしまう。

それによって疲れをとりやすく、疲労によるネガティヴさとは無縁の生活を送れます。

早起きが疲れをためないというのは、早寝する部分が要員となっています。

つまり、早起きしようとして早く寝ると、そのおまけとして疲れがとれてしまうという仕組みです。

疲れたら寝るということ自体、非常に合理的ですので、仕事後に疲れた場合には寝てしまいましょう。

そうすることで朝早く起きれますし、朝の時間を勉強や運動、趣味など好きなように使えます。

体と心のコンディション

元気になる

silhouette-of-woman-standing-on-pier-at-sunset

早く寝ることによって疲れがとれ、体が全力で頑張れるようになる。

これが仕事でのパフォーマンスをあげ、成果を良くしてくれます。

疲れがないということは、それだけ脳や体を使えるということです。

頭がバリバリはたらく、体が動くなど、疲れがないのは大きなアドバンテージとなります。

また体の調子がいいということは、精神的にいい状態を保てることにもつながります。

早く休むことによってエネルギーが補給され、疲れがとれやすくなる。そうしてフルパワーで動ける体ができあがる。

朝型の生活はエネルギッシュな生活ともいうことができます。エネルギーあふれる生活ができれば、心もからだも元気になれます。

あらゆる物事に全力で取り組むことができるので、結果もついてくる。疲れたら休んで、また頑張ればいい。

これにより全力で動いては休むのサイクルが繰り返され、心も体もみなぎった生活を送れるのです。

自分磨きができる

coffee-mug-and-book-on-table-in-living-room

朝の時間を使えば、自分磨きすることも可能です。

読書や勉強はもちろんのこと、運動して体力を付けたいという場合にも使えます。

  • 体力
  • 知力
  • 精神力

朝の時間を使えば、これらを効率的に身につけられます。

時間・体力的に余裕のある朝の時間を使うことで、自分を強化できるのです。

運動によって体力や精神力がつけばキツい仕事もこなせるようになりますし、仕事中の集中力の持ちもよくなります。

また朝読書や朝の勉強によって知識を身につけることで、仕事からプライベートにいたるまで要領よく動くことができます。

また朝の時間を使っての自分磨きは、能力が付いて自信が持てることにもつながります。

自信というものが能力から生まれてくる以上、自分磨きをして能力を付けることで自信を持てるようになるのです。

自分に自信を持てないというのは、原因の大半が能力のなさです。

朝の自分磨きで能力をつけてやることで、自然と自分に自信が持てるようになります。

わたし自身も朝読書によって自信をつけることができました。

朝の自分磨きによって精神的な弱さが大きく改善され、会話においてもきまり悪い思いをしなくて済んでいます。

参考:自分磨きは朝活から

人間関係がよくなる

人間関係についても、早起きする生活が身につくと自然と改善されます。

なぜなら早起きすることによってフルパワーで活動できたり、自分磨きの時間が作れたりするからです。

心身ともに余裕のある状態になれる。
読書や運動を生活にとり入れられる。

これらが自分を高め、自信につながります。

つまり、早起きや朝活によって自信がつくような生活になり、人間関係に好影響をおよぼすのです。

自信がつくことによるアドバンテージは大きく、人間関係も自信がつけば改善されやすいです。

コンディションのよさから結果の出やすさまで、さまざまな面でプラスの効果がありますので、人間関係にもいい効果をもたらします。

人間関係の悪さというのは能力や自信のなさが原因になっていることが多く、体調のよさや成長によって改善されるのはめずらしくありません。

「アイツに舐められている」
「仕事ができないせいで人間関係が悪い」

これらは仕事のパフォーマンスを上げることで解決でき、結果を出せばまわりも認めてくれます。

朝活での自分磨きや早寝早起きによる疲れのなさは、結果の出やすさに大きく貢献してくれるのです。

ポジティヴな性格になれる

朝型の生活には早寝早起きが必要です。

疲れたら早く寝るというのがあるため、疲れがたまりにくいことによるメリットを享受できます。

疲れがたまりにくいというのは、性格がポジティヴになるのにつながります。

疲れの多い少ないは性格に露骨に影響してくるもので、疲れが多いと性格がネガティヴになってしまいます。

逆に疲れが少ないとポジティヴな気持ちになりやすく、性格そのものが明るいものとなります。

疲労をいかに減らすか、疲れをいかにためないかというのは、性格を明るくするうえでは重要です。

無理に無理をかさね、エナジードリンク漬けになっている人は老けてみえます。

これは過労によって体が劣化しているのはありますし、精神的に疲れているのもあります。

無理をするのがダメだとはいいませんが、無理を続けると心身ともに黒くなっていくのは否定できません。

無理をすれば疲れがたまります。
夜型で睡眠不足ともなれば、性格は暗いものになりがち。

体がボロ雑巾のように酷使されているため、それを動かす心の側にも悪い影響をおよぼすのです。

朝早く起きる、早く寝るというのは

  • 集中力があるので雑務を効率よくこなせる
  • 午前中から全力で仕事に取り組める
  • 疲れがとれやすい

というのがあります。

これはつまり、1日の生活のなかであなたがフルパワーで活動できる時間の割合が増え、疲れを持ち越しにくいということです。

フルパワーで動ける、疲れがとれるというのは、心も体も元気でいられるということです。

疲れがないというのはそれだけピンピンした状態を保てるということですから、心身ともにいい状態でいられるのはいうまでもありません。

若々しいオーラを放てる

早寝早起きによって心身のコンディションを保てば、放つオーラや雰囲気も明るいものになります。

疲れがないというのは顔にあらわれるもので、表情やオーラからその人の生活状況がわかってしまうほどです。

明るい雰囲気を出せるようになれば、自然と人が寄ってきます。

早寝早起きして朝活するというのは、明るい雰囲気や楽しそうな表情によって人を引き付けやすくしてくれるのです。

仕事で疲れているのがまる分かりで、暗いオーラをまとった人。
ピンピンしていて、雰囲気そのものがキラキラしている人。

どちらの人が近づきやすいかといったら、まちがいなく後者ですよね。

無理をせず睡眠によってエネルギーを回復させ、常にいいコンディションでいられる。

これは早起きしたり朝活したりすることによるメリットで、オーラの変化は親しみやすさといった点にも大きく影響してきます。

近づきやすい人になりたい、明るい雰囲気を出せるようになりたい。

それらを実現するにあたり、朝活はもっともいい手段なのです。

仕事・勉強

仕事や勉強がはかどる

2-girl-reading-book

朝活をする、早く寝て朝早く起きるというのは、集中力や邪魔のなさといったメリットがあります。

これはいいかえれば、勉強や仕事がすすみやすいということです。

仕事のすすみやすさという点では、直接的・間接的の両面で有効です。

直接的には、朝の集中できる時間を使って雑務やタスクを片付けることができます。

朝のうちにやるべきことを片付けてしまえば、あとの時間は好きなように使えます。

やりたいことをやる、将来のために勉強しておくなど、有意義な時間の使い方につながります。

間接的な効果としては、午前中からフルパワーで動けるというのがあります。

これは午前のうちから仕事をバリバリこなせるというもので、出せる成果の質が上がるという点で大きな利点です。

朝早く起きることで体が目を覚ますタイミングが早くなり、仕事がはじまった時点でちょうどよく体が目覚めてくれるのです。

これらのメリットは、仕事だろうと勉強だろうと効いてきます。

はやい時間から全力で活動できることによって時間帯効率があがり、より効率よく仕事したり勉強したりすることができます。

満員電車を回避できる

interior-of-railway-station1

朝型の生活は、満員電車の回避にも有効です。

みんなと同じ時間に起き、みんなと同じように通勤するのでは、満員電車に当たってしまいます。

満員電車を避けるためにはみんなより早い時間の電車に乗ってしまえばよく、朝早くから活動するというのはいい解決策となるのです。

早起きして朝活するというのは、電車に乗る時間をコントロールできるというのにもつながります。

朝早く起きるのは好きなことに取り組めるだけでなく、朝活後の時間の使い方まで変えられます。

電車に乗る時間を早めるのは、朝型の生活の得意なところです。

乗る時間をちょっと早くするだけでも満員電車は回避でき、乗っている最中も作業することができます。

満員電車を回避できれば電車のなかで作業できたり、心身を消耗しなくて済みます。早起きできるようになると毎日それが実現でき、通勤時間もむだになりにくいです。

朝活をすると好きなことができるだけでなく、通勤における時間と体力を避けることもできます。

残業を回避できる

朝早くから活動することは、フルパワーでの活動による高効率、仕事の前倒しができます。

これはいいかえれば、残業を回避することも可能ということです。

残業が回避できない原因としては、作業量の多さや効率といったものもあります。

フルパワーで仕事ができればその分仕事がはやく終わりますし、早い時間から仕事がはじめられればその分仕事が終わる時間も早くなります。

簡単な仕事については、朝のうちに終わらせておくのがいいでしょう。

自宅でもできることは起きた直後の時間に終わらせてしまい、オフィスでないとできない仕事については集中力のあるうちに終わらせるというのがいいです。

たとえ小さな仕事といえども、後の時間帯に持ち越すのはメリットがありません。

集中している時間帯であればパパっと終わってしまうことでも、疲れて集中力が落ちているときだとダラダラしてしまい、冗長化しがちです。

早い時間から仕事をすることができれば、効率と時間の両面でいい影響があります。

集中力の高さから仕事をバリバリこなせてしまいますし、早めの時間から仕事に取り組めばそれだけ仕事終わりを早めることができるのです。

副業ができる

woman-working-on-laptop-with-magazines-on-stools

朝の時間の使い方は自由です。
日々の雑務に使ってもいいですし、副業をやるのもありです。

朝の時間のとりやすさや集中力を考えれば、副業を朝にやるというのも合理性があります。

副業をやるうえで一番ネックとなるのは時間で、いかに時間を確保できるかが副業での収入を決めるといっても過言ではありません。

また集中力をもって取り組まないと効率が落ちてしまいます。

  • 邪魔が入りにくい
  • 集中力が高い
  • 時間を取りやすい

これらの性質から、朝の時間は副業にも向いているのです。

副業と本業の両立も簡単で、本業の仕事をパパっと片付けてしまえば両立につながります。

まとめて片付けられる仕事については集中して片付けてしまい、空き時間を確保すれば両立可能です。

副業する時間がないという人は、朝の時間を使ってみてください。時間と集中力から、意外と副業できてしまいます。

参考:副業の時間がないなら朝にやるのがおすすめ 朝の副業は人生好転のカギ

充実感・自己投資

1日が充実する

朝活を取り入れると、それだけ1日のうちにできることが多くなります。

また朝活は集中して取り組むことができ、高いパフォーマンスを発揮できます。

早起きするというのはやりたいことを確実にでき、かつ集中して取り組むことができるのです。

効率がいい以外にも充実感があり、その充実感がモチベーションを加速させます。

さらには充実感によってモチベーションが高い状態を維持でき、生活そのものにハリがでてきます。

朝活で副業や趣味をやるというのは、充実感を感じられるということでもあります。

それによって毎日が楽しくなるのはいうまでもありませんし、ポジティヴな気持ちから仕事でも結果を出しやすくなります。

充実した1日を過ごすことで生活の質が向上し、アウトプットが改善され、人生そのものが上向きになる。

朝活が充実感を生み、ポジティヴな感情が生まれ、それがあなたの人生を変えることにもつながるのです。

時間の質が上がる

早起きは単に使える時間が増えるだけでなく、時間の質が増えるという点も見逃せません。

夜に1時間作業するのと朝に1時間作業するのとではぜんぜん違います。

朝の1時間は夜の3時間といっても過言ではないでしょう。

それだけ朝の集中力はすごいということであり、邪魔の入らなさと脳のスッキリ具合から効率よく作業できるのです。

もっといえば、夜だと誰かから連絡が入る可能性がありますが、朝であれば連絡が入ることもありません。

それだけあなただけの時間を使えるということであり、あなたの好きなように時間を使うことができます。

もしあなたが趣味に集中しているときに電話が鳴り、仕事に呼び出されたりしたらどうでしょうか?
いい気はしませんよね。

朝の時間というのはそのようなノイズとは無縁で、あなたが気持よく過ごせる時間帯でもあるのです。

だからこそ夜の時間より朝の時間を確保したほうがよく、同じ1時間でも朝のほうが有意義に時間を使えます。

デキる人の生活パターンが身につく

仕事がデキる人は、仕事の時間帯において全力を発揮できるように工夫しています。

彼らがなぜ仕事がデキるかといえば、仕事のために自分を最適化しているからです。

朝活というのは、体を目覚めさせる意味でもデキる人への近道だったりします。

大半の人が仕事の最中にようやく体が起きるなか、早起きしている人は仕事がはじまる前からすでに体が起きているのです。

デキる人は仕事の最中に最高のパフォーマンスを発揮できるように調整しています。

朝活というのは最適化のなかでも取り組みやすいところで、早寝早起きをするだけで大きく仕事能力が上がるのです。

デキる人になりたければ、まずはデキる人の生活パターンを身につけるところから。

デキる人はその多くが朝型の生活をしており、朝に運動したり読書したりと何かしらの活動をしています。

朝活での自分磨きと、体が仕事前に起きること。
これらがデキる人をデキる人にしているのです。

帰宅後疲れたらすぐに寝てしまうことが早起きにつながる。
早起きすればその分体が目覚める時間も早くなり、仕事の時間帯には完全に起きている。
それによって仕事がバリバリこなせるようになる。

こういう仕組みになっており、あなたが早寝早起きを身につけ朝活するというのは、デキる人になるということでもあるのです。

将来の成功につながる

朝の集中力、朝の時間のとりやすさ、朝活での積み重ね。

これらがあなたの将来の成功につながるのはいうまでもありませんし、成功した後でも使えるスキルです。

朝に副業をすれば、あなたはスキルアップしたり収入源を作ったりできます。

朝に仕事をすれば、あなたはより短い時間で仕事を片付けることができます。朝に情報収集すれば、あなたは人より早く情報収集をすることができます。

これ以外にも朝の時間を使って趣味にとりくむのを続ければ、後々それが仕事につながるということもあります。

朝の時間に趣味をするというのをとりあえず1年続けるだけでも、結構な違いが生まれます。

技術的にレベルアップするのはありますし、趣味に関する情報をブログやツイッターで発信していけば人脈をつくることも可能です。

また朝の時間にできた人間関係というのは、結構な強度をもちます。

朝早い時間というのは下心のない時間帯であり、その時間に知り合った人とは良好な関係が築けたりするものです。

午後の出会いというのはどうしても下心が絡んでしまい、人間関係としては脆いです。

朝の時間に喫茶店が空いているのであれば、そこの常連になるのもいいでしょう。

そこで知り合った人というのは同じく朝型の生活をしている人ですし、デキる人です。

朝の喫茶店というのは、下心なしにデキる人と関係を築ける場でもあるのです。

成功者のなかには朝型の生活をしている人も多く存在します。

それは単に集中力や時間帯効率という点から人間関係の構築まで、さまざまな点でメリットがあるからです。

成功者の生活については『大富豪の仕事術』という本にも書かれていますので、もし成功することに興味があれば読んでみることをおすすめします。

まとめ

世間ではあまりいわれませんが、朝活や早起きにはこんなにもたくさんの利点があるのです。

疲れたらさっさと寝てしまうのを実行するだけでも早起きするのにつながり、上記のようなメリットを享受できます。

朝早く起きることにより、生活が激変する可能性が生まれる。

単に仕事面でのアウトプットから、朝の人間関係構築まで、早起きはあなたにとってプラスとなる点が多いです。

人生そのものをも変えうるレベルのものですから、早起きしなければそれだけで大きく損をしてしまいます。

人生を変えたければ朝活から。

生活を楽しいものにするには朝の習慣が有効であり、早起きするだけでも結構な変化があります。

早起きや朝活をするかはあなたの自由ですが、したほうが断然オトクです。

早起きは3億の得といっても過言ではないのです。

 - 早起き , , ,