朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

満員電車の回避には早起きが有効 満員電車と無縁になれる「必殺技」を解説します!

      2017/10/22


満員電車の回避にも早起きは有効です。
早起きすることで乗る時間の調節ができ、混雑するタイミングを回避できます。

満員電車に巻き込まれてしまうのは、みんなと同じ時間に起き、みんなと同じ電車に乗るというのが原因です。

大勢の人と同じように行動していては、電車に乗る時間が被ってしまうのも当然。

早起きで生活リズムをちょっとだけずらすというやり方は、満員電車の回避にも使えます。

1時間程度乗るタイミングがずれるだけでも、電車の混み具合はぜんぜん違います。

空いている時間帯のに乗れれば通勤中に作業できますし、混雑していない分、疲れなくて済みます。

時間帯をずらすだけで効果絶大

早起きすることで生活サイクルそのものを繰り上げることができますが、その恩恵は意外と大きいです。

特にご飯のタイミング、休憩のタイミングがまわりとずらせるのは大きく、混雑の時間帯を避けるのにはもってこいです。

たとえば朝5時に起きる生活では、普通の人が7時に起きるのと比べて2時間生活のサイクルが早くなります。

それによって電車に乗る時間を、普通の人と比べて2時間ずらせます。

朝5時に起きれば、7時ぐらいには通勤真っ最中ということになります。

普通の人が起きるタイミングですでに電車に乗っているため、人が少ないです。作業も余裕でできちゃいます。読書も情報収集も余裕。

それに比べ、大抵の人は8時代という通勤ラッシュ真っ最中の時間に乗るので、満員電車に悩まされてばかりです。

満員電車は座れない、疲れる、作業できないなど、デメリットが盛りだくさん。巻き込まれるとそれだけで時間と体力が消えていきます。

満員電車を回避するには、ほんの少し時間をずらすだけ。

ほかの人よりちょっとだけ早く起きることで通勤中の時間を有効に使うことができ、また通勤でエネルギーを奪われるのも避けられます。

普通の人より1時間早く起きることで、1時間以上の時間を作業にあてられる。

早起きにはこういうメリットもあるので、したほうが得なのです。

スカスカの電車ではできることが増える

満員電車を回避できれば、通勤中にやれることが増えます。

勉強や読書、書類作成が、通勤中の時間でできてしまうのです。

通勤中の時間を使えるというのは、ほかの人に比べてアドバンテージとなります。

満員電車に巻き込まれてしまうと作業そのものができませんし、スマホで情報収集するとしても集中できません。

起きる時間がたった1時間2時間違うだけなのに、まわりの人よりも1時間2時間多く使えてしまう。

満員電車を回避することの時間的なメリットは大きく、通勤時間で作業すれば、その後の時間をほかのことにあてられます。

浮いた時間は、読書や情報収集に使うといいでしょう。1年後の自分のために勉強しておくなど、使い方はさまざまです。

満員電車を回避するだけでも、まわりと比べて差がでる。

そうである以上は早起きしたほうがよく、朝活する習慣が身についているのはそれだけでかなりのアドバンテージなのです。

朝の電車はひとり図書館

また、空いている時間の電車は作業するのに意外と向いていたりします。

混雑している時間帯はそこまで集中力が出ない一方で、空いている時間帯の電車には、少ない人数しか乗っていません。

乗っているのがあなただけ、あなたの車両にはあなただけというのも珍しくありません。

あなたしか乗っていないということは、それだけ作業に集中できるということです。

混雑している時間帯の作業が集中できないのに比べ、効率は大きく上がります。

たとえ座ることができるとしても、混雑しているかどうかは大きな差です。

混雑というのは集中力を下げてしまい、時間の質そのものを悪化させます。

対して、混雑していないというのは自分のことに集中できるということです。

まわりの目を気にする必要もなく、あなたは自分のことだけ気にすればいいのです。

朝の電車は空いているので、勉強や作業にはもってこい。

早い時間の電車は、まるであなただけの図書館。

周囲の目を気にする必要もなく、堂々と作業することができます。

始発列車で人間観察してみよう

朝早い電車は空いているから若手社員は何かの勉強をしていたし、
中年社員は悠然と座りながら話題のベストセラーや
ハードカバーの本を読んでいた。
もちろん中には終始爆睡していた人も一定数いたが。
反対に遅い電車には元気のない人が多かった。

出典:人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

始発列車は混雑がなく、作業しやすいのも事実です。

ただ、それに加えて一度試してみて欲しいことがあります。

それは、始発列車にはどんな人が乗っているかを観察すること。

一定期間始発列車に乗っていると、自然と顔ぶれが同じことに気づくはずです。

これも考えてみるとごく当然のことで、始発列車に乗る人というのは早起きの習慣がある人です。

そのような規則正しい生活の持ち主が集まっている。それが始発列車。

仕事は前倒しで片付け、時間に余裕を持って行動するタイプも多く、いわゆるデキる人が集まる時間帯なのです。

始発列車はデキる人との空間共有が簡単にできるため、「仕事がデキる優秀な人とつながりたい!」という人はぜひ始発列車を利用してみてください。

「早起きがいいのはわかったんだけど、むずかしくて出来ないよ」という人へ

朝早く起きるのは非常に有効で、それさえできれば万事解決というパターンは多いです。

しかしながらここまで読んだ段階では「早起きするのがむずかしい」「どうすれば早起き出来るの?」と思っていることでしょう。早起きできる人は満員電車には悩んでいませんから。

早起きするためのコツは、おもに次の3つ。

  • 就寝時間を早める
  • 残業しない
  • 睡眠の質を上げる

これらを地道に習慣化していけば、早起きするのもむずかしくはありません。

就寝時間

早起きするためには起床時間を早めればいいわけですが、睡眠時間を短くして早起きするのは困難です。

経験則として最低6時間の睡眠時間は必要で、就寝時間を早めるのが手っ取り早いです

「夜遅く寝て、朝早く起きよう!」としても、体がついていきません。

就寝時間を早めて睡眠時間を確保するべきで、無理して早起きしようとすると寝不足になってしまいます。

残業しない

残業は帰宅時間を遅くします。帰宅が遅れると就寝時間も遅れてしまうため、結果として早起きがむずかしくなります。

残業については「周囲が残っているから帰宅はいけない」と感じてしまいがちですが、定時で帰ることには何の問題もありません。

無理して残業した挙句、集中できず仕事が進まない、疲れが翌日に残ってしまうというのでは本末転倒。

残業するよりは、規則正しい生活リズムと集中力で仕事を効率よく片付けた方がいいです。

早起きは生活リズムを規則正しいものにし、それによって体力的に余裕が出てきますから、早起きは仕事の面でも合理的なのです。

睡眠の質

睡眠時間の確保をするのも大事ですが、睡眠の質というのも早起きには欠かせません。

たとえ6時間寝たとしても、よく眠れないまま6時間過ごすのとグッスリ6時間寝るのとではわけが違います。

よく眠れないまま次の日の仕事に臨んでも、疲れは取れないまま。早起きできずに満員電車に乗ることになり、朝から消耗するということにもつながりかねません。

寝る前スマホをやめる、寝る前の飲食をやめるといった当たり前のことをするだけでも眠れるかどうかは全然違ってくるものです。それが朝の起きやすさ、早起きのしやすさに関係するのは言うまでもありません。

本気で早起きしたいと考えている人へ

就寝時間や残業について書きましたが、もしあなたが本気で早起きを習慣化し、満員電車と無縁の生活を送りたいというのであればさらなる改善方法があります。

裏技といってもいいでしょう。

それは睡眠に投資することです。

仕事ができる人は、睡眠に関するサプリメントや枕にお金を投じています。
一般には言われないものの、年収ウン千万を稼ぐ人のなかにはサプリメントや枕、部屋の設備にお金を使う人が少なくありません。

お金を使うことでよく眠れる環境が作れますし、またお金を投じているということから睡眠に対する本気度も違ってきます。

先ほど就寝時間や残業しないといった対処法を書きましたが、これらはどうしても実行力に欠けるというデメリットがあります。

考えてみてください。

就寝時間を早くしようとしても、何もお金を使っていない状態では三日坊主で夜更かし生活に戻ってしまいます。

残業をしないぞ!と意気込んでも、睡眠への投資という金銭的な負担がなければ残業をやめるというのを「習慣化」できません。

寝る前スマホや寝る前の食べ過ぎをやめるといっても、睡眠にお金を投じていない段階ではほとんど継続できません。

お金を使わないというのは実行力が弱くなってしまうため、早起きを習慣化するうえではよろしくありません。

早起きに関してもお金を使うのは有効で、「これだけのお金を使っているんだから、絶対に早起きできるようになろう!」と考えるようになり、日常の行動が早起きを意識したものに変わっていきます。

わたしも月に数千円はサプリメントにお金を投じていますし、気持ちよく寝るための枕も買いました。

お金を使わない場合と比べると本気度が全然違ってくるもので、以前まで夜型だったわたしも早起きを習慣化させられました。

早起きして満員電車を回避できれば、生活は大きく好転します。満員電車による疲れやストレスとは無縁になれますし、それによって仕事の効率も大幅に上がります。

そうして生活そのものがいいサイクルに突入していき、仕事で結果を出して褒められるのもむずかしくはありません。

お金を使うことで本気度も違ってくる

睡眠に対してお金を使うことに対して、もしかしたら「本当に効果があるのか?」と思っているかもしれません。

たしかに睡眠に投資する前は効果を疑ってしまいがちです。

しかしながら実際にお金を投じてみると本気度が違ってくるもので、早起きに対するモチベーションも思いのほか変わってきます。

実際、以前まで夜型生活だったわたしも、睡眠にお金を使うようになってからは生活が急速に朝型になっていきました

今では早起きするのに苦労しないほどです。

睡眠への投資は、夜型の人間ですら早起き人間に変える力を持ちます。

本気で早起きしよう、満員電車をなんとしても回避しようと考えている場合には、ぜひとも睡眠に投資してみてください。

睡眠への投資の注意点

何事もお金を使うと本気度が違ってきます。

ただ、お金を使うとなると安い買い物でない場合も多いです。

睡眠に関してもお金をかけると早起きしやすくなるのはありますが、本気で早起きできるようになろうと考えている人以外は、睡眠にお金を使うというのは向きません

睡眠への投資では枕やサプリメント、部屋の環境にお金をかけるわけです。

それらが合わさった場合の額は少ないものではありませんし、「本当は早起きなんてどうでもいい」なんて考えている人が睡眠に投資しても「なんでお金を使ってしまったんだろう」という後悔だけが残ります。

そのため睡眠への投資は、本当に早起きできるようになりたいという方だけやってください。

具体的にどの程度の本気度かというと、3ヶ月以上続けられる人。これぐらいの期間は最低でも続けないと、睡眠へ投資しても早起きの習慣化には至りません。

睡眠への投資は続けることが重要で、効果が実感できるぐらいになるにはそれなりの時間が必要です。

もしあなたが本気で睡眠に投資し早起きを習慣化できれば、満員電車そのものが生活から消えていきます。

時間はかかるものの、満員電車と距離をおけるだけでも生活の快適さは大きく変わるものです。

睡眠への投資が初めての人は、これにお金を使うのがおすすめ!

睡眠への投資の選択肢としては

  • 枕などの睡眠グッズ
  • カーテンなどのインテリア
  • 睡眠に関するサプリメント

があります。

これらはどれも睡眠への投資ではありますが、もし睡眠にお金をかけるのが初めてという場合にはサプリメントから試すのがおすすめです。

というのも、

枕などの睡眠グッズ:ベッドまわりでスペースを取る。物によっては万単位の値段がする場合もある。

カーテンなどのインテリア:設置の手間が面倒。

といった具合に、サプリメント以外の選択肢はハードルが高いです。

そのため、睡眠への投資はサプリメントから試してみるのがいいでしょう。

サプリメントであればお金もそんなにかかりませんし、スペースを取るということもありません。また、必要分を夕食後に飲むだけなので取り組むのが非常に簡単というのもあります。

そのため、睡眠への投資の入門としておすすめです。

おすすめのサプリメントは?

ひと言に「睡眠に関するサプリメント」といってもかなりの種類があるため、どれを飲めばいいか迷ってしまうという人もいることでしょう。

睡眠サプリメントに関しては、グッドナイト27000ハーブの休息がおすすめです。

これらのサプリメントにはテアニンやGABAなど、睡眠のカギとなる成分が含まれており、そこまで値段もしません。

そのため、睡眠にお金をかける第一歩として向いています。

「グッドナイト27000とハーブの休息、どっちがいいの?」という点については、それぞれのサプリメントで向いている人が違いますので以下の内容を参考にしてください。

グッドナイト27000が向いている人

  • 睡眠に関する成分が多く含まれているサプリメントが欲しい人
  • タブレットタイプのサプリメントがいいという人
  • サプリメントを続けていく気のある、本気度の高い人

ハーブの休息が向いている人

  • 味のあるサプリメントがいいという人
  • ドリンクタイプのサプリメントの方がいいという人
  • とりあえずお試しで1ヶ月分試してみたいという人

グッドナイト27000は定期購入の初回の価格が安いですが、3回以上の継続が必要という縛りがあります。

グッドナイト27000自体はテアニンやGABA以外にもグリシンやトリプトファンなど、質のいい睡眠のカギとなる成分が網羅されているサプリメントです。

睡眠への投資としてサプリメントを続けていきたいという本気度の高い人はグッドナイト27000にするといいでしょう

一方で、睡眠への投資としてとりあえず1ヶ月試してみたいという人にはハーブの休息がおすすめです。

ハーブの休息はあのプロ・アクティブのサプリメントで、お試し購入が利用できます。お試し価格だからといって「最低◯◯回以上」みたいな契約を結ばされる心配もありません。

そのため、とりあえずお試しで使ってみたいという人にはハーブの休息がおすすめです

 - 生活 ,