朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

コミュニケーション能力を上げたい人が早起きをすべき理由

      2017/02/06


コミュニケーションがうまく取れず悩んでいる人にとって、早起きは有効な解決手段になります。
なぜ早起きがコミュ障改善に使えるのかというと、早起きは自信や知識量の改善に役立つからです。

コミュニケーションが取れない理由は大きく分けて2つあり、

  • 知識のなさ
  • 自信のなさ

にわけることができます。

コミュニケーションがうまく取れない理由のひとつは知識量が足りないからです。
会話に必要なことを知らないためにコミュニケーションをうまく取れないというのは口下手の典型で、「相手が何を求めているか」を知らないために適切な言葉を返すこともできません。

また体調のよさもコミュニケーション能力に影響します。
自信のなさは知識量の不足が原因となることもありますが、体調の悪さによる腰の引けた姿勢が原因となることも多いです。

 

コミュニケーションには下準備が重要

普段話すのがうまい人、プレゼンの場で止まることがない人も、裏では相当な努力をしていたりします。
体調管理に気をつかったり、毎日読書したりなど。むしろそのような習慣があるからこそ、話す力があるともいえるでしょう。

コミュニケーション力は単に才能の問題と思われがちですが、実際には下準備次第でなんとかなったりするものです。

一般的には話す才能そのものがコミュニケーションであり、才能がすべてと考えられています。
しかし実際のところ、うまく話せるかどうかというのは知識量による部分が大きいですし、交渉の場では体調の影響も大きいです。

早起きすることのメリットには

  • 時間の確保
  • 集中力アップ
  • 規則正しい生活

といったものがあり、コミュニケーション能力に与える影響は小さくありません。

朝の時間を使えば確実に読書できますし、疲れていない状態の読書は集中力が高く、効率がいいです。
情報収集するにしても効率よく情報を集められるでしょう。

規則正しい生活は体調不良をなくし、とくに交渉の場においてはメリットが大きいです。
どっしりと構えることが交渉の場では重要で、体調がいいというのはどっしりと構える能力に影響してきます。

 

勉強の度合いがコミュニケーションに反映される

コミュニケーションというと話す才能のことで、リア充かどうかといったことを考えてしまうでしょう。
しかしながら実際にはそうではなくて、

  • 話の内容についてどれだけ知っているか
  • 相手の言っていることを理解できるか

といった点で、どれぐらいのパーセンテージがあるのかといった方が正しいです。

これは「自分の専門についてはスラスラと話せるが、専門外のことについてはあまり話せない」というのと同じで、知識量の有無がコミュニケーション能力に影響していることも表しています。

自分が詳しいことについてはスラスラと話すことができ、詳しくないことは喋れない。
ならば知識を付けてしまうまでであり、朝の時間を使って勉強するというのは非常に有効なやり方です。

朝であれば確実に時間を確保でき、また集中力も高い時間帯。
その時間帯に読書をすれば確実かつ効率よく知識を吸収できますし、情報収集についても同様です。

朝の時間を使って勉強する習慣がつけば、コミュニケーション能力は大幅にアップします。
今まで言葉が出なかったのがスラスラと話せるようになり、あなた自身も驚くことでしょう。

つまりは朝の読書や情報収集がコミュニケーション能力を上げるわけで、早起きはコミュ障を克服するカギだったりもするのです。

 

体調のよさは自信につながる

体調のよさもコミュニケーションに影響します。
こちらはおもに交渉や面接の場で影響が大きく、自信のある姿勢でやり取りするにあたっては体調管理欠かせません。

交渉や面接の場では相手の考えや弱点を見抜き、いかにこちらに有利な流れに持っていけるかが重要です。
こちらがどっしりと構えて下手な話し方をしなければ、交渉も有利に進めていけるでしょう。

逆に体調が悪い状態で交渉に進んでしまい、気持ち悪い状態で話すとなったらどうでしょうか。
腰が引けた状態で話すことになり、下手なことを喋ってしまう可能性もあります。

早起きして生活リズムを規則正しいものにし、体調を万全に保つというのは、最終的に自信のあるなしに関わってきます。
いい状態で面接に臨めというのもそのようなものがあり、体調の悪さから来る腰の引けた姿勢をなくすことで、スムーズなコミュニケーション、自信のある話し方が可能となるのです。

 

まとめ

一見すると早起きとコミュニケーション能力のあいだには何の関係もなさそうですが、実際には勉強時間や体調管理の面で大きく影響してきます。

朝の時間を有効活用して知識をつければ、話している途中で止まることもなくなるでしょう。
また体調を万全に保つことで、どっしりと構えられるようになるでしょう。

早起き習慣が話し方に与える影響は大きく、コミュニケーション能力の改善に早起きは非常に効果があるのです。

 - 仕事