朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

帰省で混雑を避けたければ、早起きして朝一に乗ろう

   


早起きには満員電車の回避に使えますが、それを帰省にも応用することができます。

帰省の時期というのは大勢の人が列車に乗りますので、当然のように混雑するもの。
ところが朝一の場合はそこまで混んでいることもなく、特に始発ともなればガラガラです。

空いているタイミングで乗れれば混雑に巻き込まれることはありませんし、列車の中で好きなことができます。
寝るのもよし、読書するもよし、外の景色をゆっくりと眺めるのもよしです。

 

朝一を狙えば空いている

朝の時間帯はそこまで人が多いわけではなく、通勤で混雑を避けようと思う場合には早いタイミングを使うのが定番です。
それを帰省に応用すれば混雑を避けて移動することができます。

朝の時間帯に行動する人は少ないので、人混みに巻き込まれて座れないのも回避可能。
座れなくて疲れるというのもなくせますので、早起きは帰省の面でもお得です。

みんなと同じ時間帯に乗ると混雑していますが、朝の早い時間帯で乗ることができれば混雑していることもなく、ゆったりとしていられます。
早起きというのはあなたが快適に移動するためには効果的な手段であり、帰省時に移動で消耗することもなくなるのです。

 

近くの駅始発はオイシイ

もしあなたの身近が始発の新幹線がある場合には、早起きはさらに生きてきます。
誰も乗っていない時間帯は席が空いていて、そのうえで始発となれば混雑の心配とは無縁です。

早起きして空いている時間に乗れば混雑に巻き込まれることもなくなり、帰省先にも早く着くことができます。
早く帰省先に着くことができればその分時間を自由に使うことができ、ゆったりと過ごすのには欠かせません。

自分の家の近くの駅が始発のものを探し、早起きして早めに移動。
それだけで快適かつ余裕のある帰省が実現できるのです。

 

みんなやらないからこそ意味がある

早い時間の移動というのはみんながやりたがりません。
早起きが習慣化していれば、みんなが乗らないタイミングで乗ることができます。

早起きしての移動も、「みんながやらないから意味がある」の典型。

みんなが移動するのと同じ時間に乗るから混雑に巻き込まれるのであって、6時発という誰も乗りたがらないタイミングに乗るからこそ混雑を避けられるのです。

みんなと違う時間帯に乗れば、それだけ混雑していないというメリットを享受できる。
帰省における早起きはある種の抜け駆けのようなもので、誰もやりたがらないゆえにスカスカのところに乗れます。

みんなと同じように行動していてはオイシイ思いができないのは、あらゆる物事に成り立ちます。
早起きによる混雑回避も「みんなと違う行動」であり、みんなよりちょっと早く動くだけで混雑を簡単に避けられるのです。

 

まとめ

帰省時は混雑が普通と考えてしまいがちですが、みんなと同じ時間帯に乗らないようにするだけで混雑とも無縁になれます。

普段から早起きを習慣化しておけば乗り遅れることはありませんし、その時間に乗るという選択肢も容易に浮かんでくるでしょう。
早起きは帰省に使うこともでき、混雑のなさという点で影響力が大きいです。

混雑に巻き込まれるのは疲れますし、立ちっぱなしというのも辛いものがあります。
早起きしてタイミングをずらすことでそのような面倒臭さから解放され、快適な移動にすることができるのです。

 - 生活