朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝気持ちよく目覚める方法

   


「朝、目覚めが悪かった日は一日が憂鬱」なんて経験、よくありますよね。

目覚めが悪いということは何かしらの原因があります。

そしてその原因を早い段階で見つけて解決しないと、取り返しのつかないことにもなりかねるんです。

そこで今回は、朝気持ちよく目覚める方法を伝授します。

あなたが一日を気持ちよく過ごし、かつ健康な人生を送れることを願っています。

ぜひ、気持ちのいい朝を体験して下さい。

 

寝る前の食事を控える

あなたは昨日、就寝1~2時間前に何か食べ物を口にしませんでしたか?

寝る前に食事をしてしまうと、胃に食べ物が入ったまま眠ることになってしまいます。

もう少し詳しく説明すると、寝る前に食事すると、睡眠中本来なら休んでいるあなたの胃が、働かなければいけません。そして朝になる…。

胃が24時間営業になっているということです。

そうなれば当然、胃にとっても朝がキツイ。このような悪循環が生まれるわけです。

あなたは寝ているつもりでも胃は寝れていない…しっかり胃にも休息を与える必要があるからこそ、寝る前の食事を控えるのです。

 

疲れたら早く寝てしまう

睡眠を十分にとることは、より気持ちよい目覚めにつながります。

そして睡眠には大切な条件があります。

深い睡眠をとること

です。

睡眠時間については1時間半単位での睡眠が重要とよく言われますが、あれは深い睡眠であるノンレム睡眠を確保するうえで効果的な手法です。

参考:睡眠のメカニズムを知ろう – 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部

ノンレム睡眠では、脳の活動が穏やかになるので、心身の休息が得られます。

その時間を十分にとれない睡眠では疲れもとれず、目覚めもよくないということになります。

質のいい睡眠にも最低限必要な時間があり、数分だけ寝て24時間営業ということは不可能なのです。

 

6時間以上の睡眠をとる

6時間以上の睡眠を確保しないと、体力的にキツいものがあります。

十分に体が休まっていないため、日中にエネルギーが切れて睡魔に襲われます。

もし気持ちのいい目覚めをしたければ、体を休める工夫が必要です。

6時間以上の睡眠がないと体は十分に休まらず、疲れを残したまま起きることになります。

そのような状態で気持ちよく起きるのは不可能で、二度寝してしまうことにも繋がりかねません。

 

まとめ

気持ちよい目覚めは一日を最高の物にしてくれます。

一日の始まりが快適になれば一日そのものが最高になり、一日が最高になればあなたの人生が最高になります。

睡眠をしっかりと取り、一日を気持ちのいいものにすることは、人生そのものの質の向上につながるのです。

気持ちよく起きたいと考えているのなら、ここに上げた手法をぜひ試してみてください。

生活の質に大きく変化が出てきて、生活そのものが気持ちよくなります。

 - 早起き, 睡眠