朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

早起きが続かない場合の4つの対処法

      2017/06/26


早起きってツラい

そんなイメージありますよね。わかります。私もそうでしたから。

出かけるための準備をする時間だけあれば、それ以上に早く起きる必要なんてない。

そう考える人は珍しくありません。

そのため早起きを習慣化しようとしたものの、三日坊主で終わってしまう人は多いです。

ただ、早起きにはメリットがたくさんあります。

できることなら早起きを1日だけではなく、継続したいですよね?

この記事では早起きを三日坊主で終わらせない秘訣を紹介します。

早起きが続かない人はこの記事を参考にし、ぜひ早起きを身につけてください。

 

早起きが続かない場合の4つの対処法

「早起きをしようとして、最初のうちは起きれていた。
けど、続けようとしたらなかなか起きれず、いつの間にか早起きを諦めていた。」

朝起きようとしても疲れを感じてしまい、二度寝してしまう…」

この記事を読んでいるあなたも、このような経験があることと思います。

早起きを続けようとしても、いざ実践しようとするとなかなか続けられません。

早起きが続かない場合、対処のカギはしっかりと体を休め、疲れを残さないことにあります。

ゆったりと体を休め、リラックスした状態で眠るようにする。

そうしたうえで6時間睡眠を確保すれば、早起きも難しくはありません。

逆に、体がしっかりと休まらず、十分に疲れを取れないと、翌朝起きたときに疲労感を感じてしまいます。

それにより、二度寝・起きれないといったことにつながります。

体をしっかりと休め、朝起きるのを楽にする方法としては

  • 寝る前の食べ過ぎをやめる
  • シャワーだけでなく湯船に浸かる
  • 睡眠グッズにお金を使う
  • 睡眠サプリを導入する

といったものがあります。

 

早起きが続かない場合の対処法その1:寝る前の食べ過ぎをやめる

寝る前に食べすぎてしまうと、食べ物を消化するために体がはたらくことになります。

それにより体が休まらず、体を十分に休めることができません。

寝る前にカツ丼やラーメンなど、重いものを食べると体が休まらないことから、翌朝起きたときにダルさを感じてしまいます。

早起きを習慣化するにあたっては、寝る前は牛乳など、軽いものに留めるのがおすすめです。

ただ、この記事を読んでいるあなたは、既にこれぐらいやっていることでしょう。

次の対処法を見てみましょう。

 

早起きが続かない場合の対処法その2:シャワーだけでなく湯船に浸かる

翌日に疲れを残してしまうと、目覚めたときに疲労感から、布団から出ることができません。

翌日に疲れを残さないという点では、シャワーだけでなく湯船にきちんと浸かるというのも欠かせません。

湯船に浸かることで全身の血行がよくなったり、筋肉が緩んでリラックスすることができます

そのため、シャワーだけの場合と比べて疲れを取りやすくなります。

結果としてゆったりと体を体を休めることができ、翌朝起きたときに布団から出られない、二度寝してしまうといったことを避けられます。

しかし、この記事を読んでいるあなたは寝る前の食べ物と同様、既にこの対処法も実践しているかもしれません。

次の対処法を見てみましょう。

 

早起きが続かない場合の対処法その3:睡眠グッズにお金を使う

ベッドや枕のなかには、しっかりと体を休められるように設計されているものもあります。

疲れを取り、ゆったりと体を休めたいという人は、それ用に設計された枕やベッドの購入を考えてもいいでしょう。

疲れを取りきれず、どうしても二度寝してしまうという場合には試してみるのも手です。

ただ、睡眠用に設計された枕やベッドというのは万単位のお金がかかるものも少なくありません。

いきなりポン!と万単位のお金を出すというのは難しいですよね?

それに、部屋にモノが増えてしまうという嬉しくない特徴まであります。

最後の対処法は、枕やベッドのような睡眠グッズのデメリットを払拭してくれる方法です。

 

早起きが続かない場合の対処法その4:サプリメントを導入する

サプリメントのなかには、睡眠に関するものもあります。

睡眠サプリにはテアニンやグリシンGABAなど、ゆったりと体を休めるうえでサポートしてくれる成分が含まれています。

いいサプリメントは口コミもよく、「朝起きれるようになった」「スッキリと起きれるようになった」といった口コミが多いです。

サプリメントであればベッドや枕ほどお金がかからず、置き場所を取ることもありません。

そのため、早起きをしっかりと身につけたいという人は、睡眠サプリを試してみるというのも手です。

「できるだけ効率的に早起きを身につけたい」
「そこまでお金のかからない対処法で何とかしたい」
「ベッドや枕など、置き場所を取る対処法はやりたくない」

このような方には、睡眠サプリという解決策はおすすめです。

デメリットをあげるとすれば、効果を実感するまでには時間がかかるということでしょう。

睡眠サプリは必ずしも飲んですぐに効果を実感できるわけではありません。

効果を実感できるように3ヶ月程度かかるため、継続して使うことが必要です。

しかし、睡眠サプリも実際には夕食ついでに飲むだけなので、実行のハードルそのものは低いです。

台所などの目につく位置に置いておくことで、忘れずに飲み続けることができます

そのため、継続して使うという点についてもそこまで心配する必要はありません。

 

早起きが続かない場合のベストな対処法

いくつか対処法を紹介しましたが、早起きにトライしてみて続かないと感じているあなたには、最後に紹介した方法がおすすめです。

しかし、睡眠サプリといってもたくさんの種類があります。

どのようなサプリを選べばいいか、どのような判断基準で選べばいいかという点は気になるところです。

睡眠サプリの選び方としては

  • 続けやすい価格
  • 口コミがいい
  • リラックスした睡眠のカギとなる成分が、モレなく含まれている

といった点を参考にして選ぶのがおすすめです。

睡眠サプリは続けないと意味がないため、継続して使うにあたってはそこまで価格のしないサプリメントを選ぶといいです。

また、口コミのいいサプリメントであればハズレを引く可能性も少なく、外しづらいです。

さらに、サプリメントによって含まれている成分にも違いがあり、睡眠サプリを選ぶ場合には

  • グリシン
  • テアニン
  • GABA

といった成分がモレなく含まれているものを選ぶようにするといいです。

これらの成分はゆったりと体を休め、翌朝スッキリと起きたいという人にとっては見逃せません。

朝一発で起きられるようになりたいという人にとっては、これらの成分をモレなく摂りたいところです。

以上の観点から、睡眠サプリのなかでは「グッドナイト27000」がおすすめです。

グッドナイト27000はグリシン、テアニン、GABAといった成分をモレなく含んでいます。

また、朝スッキリと起きられるようになった、起きるのが楽になったなど、口コミも好評です。

そのうえ価格も初回990円と安く、2回目以降も4800円と、ベッドや枕を購入するのと比べるとだいぶお得です。

実際にグッドナイト27000を使ってみると、寝起きのスッキリ感に驚くことでしょう。

二度寝することもなく、狙った時間に起きることも容易です。

今まで早起きを続けてみたけど、なかなか続かなかったという人にとって、グッドナイト27000は心強い味方となってくれます。

グッドナイト27000の詳細を見てみる

グッドナイト27000の公式サイトはこちら

 - 生活 , , ,