朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

寝なくても疲れない薬はあるの? 短時間睡眠で活動する3つの方法

   


睡眠なしで生活できたら、どんなに楽なことでしょうか。

寝ていると体を動かせず何もできませんが、睡眠時間をゼロにできれば、それだけ日中にできることが増えます。

もし寝なくても疲れない魔法の薬があれば、使ってみたいですよね?

この記事では「寝なくても大丈夫な薬はあるのか?」というテーマで、寝ないで活動する方法について紹介します。

寝なくても疲れない薬はあるの?

寝なくても大丈夫な薬はあるのか?という質問に対する回答ですが、寝なくても疲れない魔法の薬はありません

ただ、薬ではなくサプリメントであれば、「短い睡眠時間でもぐっすり寝られるようサポートしてくれる」というものはあります。

「グッドナイト27000」「爽眠α」といったサプリメントにはテアニンが含まれ、睡眠の質を上げるのに役立ちます。

同じ睡眠時間でもぐっすり寝れたときの方が、起きた後も全力で動きやすいですよね。

短時間睡眠でも、睡眠の質がよければそれだけ脳も体も働きます。

それでも、寝なくても大丈夫なのを継続してくれる魔法の薬というのはこの世に存在しません。

1日2日は徹夜や短時間睡眠でも活動できますが、これが生きている間じゅうずっととなると、人間の体では不可能です。

睡眠サプリはあくまでも睡眠の質を上げてくれるだけで、睡眠を取らなくてもいいわけではありません。

短時間睡眠で活動する3つの方法

「忙しくて寝れない」「寝る時間が取れない」といった場合には一時的な対処法として

  • エナジードリンクやコーヒーを飲む
  • 食べすぎない
  • 疲れる環境を避ける

といったものがあります。

エナジードリンクやコーヒーを飲む

カフェインを摂って短時間睡眠でも活動というのは、広く行われています。

「ヒカキン密着24時 ~YouTuberの裏側~」では、

3:13秒あたりではコーヒーの空き缶が大量に袋に詰められていて、「好きなことで生きていく」とは真逆の光景です。

それでも、カフェインでなんとか生きていくというのは、かなり一般的なやり方です。

カフェインでなんとか凌ぐ場合のデメリットとしては、だんだんと効きづらくなってくるというものがあります。

わたしも一時期エナジードリンクを1日に10本飲んでいた時期がありましたが、だんだんと起きているのが難しくなっていきました。

カフェインを摂って寝ないで活動というのは、一時的にはできますがずっと続けることは不可能です。

食べすぎない

食べ過ぎるとその分消化をする必要が出てきてしまいます。

寝ないで活動したいという人にとって、満腹は大敵です

満腹まで食べてしまうと眠くなるため、腹八分目で抑えることで、眠気にも対処することができます。

わたしも寝ないで活動するために、一時期エナジードリンクだけで済ませていた時期がありました。

ただ、何も食べていないとどうしてもお腹が減ってフラフラしてしまいます。

「満腹で寝るのを恐れて食べない」というのも限界がありますので、腹八分で抑えるというのが現実的です。

疲れる環境を避ける

満員電車など、疲れる環境を避けるというのも寝ないで活動するには欠かせません。

人混みだらけの環境というのはどうしても疲れてしまいます。

その結果、疲れすぎて寝落ちということも考えられます。

満員電車なんかは疲れやすい環境の代表例です。

朝早い時間の電車に乗るといった、混雑を避ける動き方は、疲れないためには有効です。

どうしても睡眠時間が取れないという場合に

上にあげたやり方は、徹夜の際にはよく行われます。

寝ないで活動したいというあなたも、しばしばやっていることでしょう。

ただ、寝ないで活動というのは人間の体では無理なため、徹夜したらどこかでゆっくり休むということが必要になります。

人間は睡眠なしでは生きていくことはできません。どこかで休まないと倒れてしまいます。

それでも、人間生きていくうえでは「忙しくて寝る時間がない」という場面もあります

その場合にはサプリメントの力を借りましょう。

グッドナイト27000はテアニン以外にも、深い睡眠のカギとなるグリシンも含まれています。

質のいい睡眠サプリが欲しいという人には、グッドナイト27000がおすすめです。

グッドナイト27000公式サイト

一方で、価格が安いサプリメントが欲しい人、とりあえずお試しができるサプリメントが欲しい人は爽眠αがおすすめです。

初回分はお試し購入となっているほか、定期購入・単品購入ともにグッドナイト27000よりも安いです。

爽眠α公式サイト

サプリメントを摂ったからといって、ずっと短時間睡眠で活動できるわけではありません。

忙しい時期を乗り越えた後は、きちんと体を休めるようにしましょう。

まとめ

睡眠時間をなくせる薬はありませんし、サプリメントを使ったとしてもいずれ睡眠は必要になります。

繰り返しますが、寝なくても疲れない魔法の薬はこの世に存在しません。

それでも、仕事をしているとどうしても短時間睡眠になったりという時期は出てきます。

短時間睡眠でしか忙しさを打開できないとなったら、サプリメントに頼るのも選択肢としては「あり」です。

多忙を突き抜けた先には成長が待っています。

プロとして忙しさを乗り越え、成長したあなたは今よりもずっと多くの年収を手に入れていることでしょう。

がんばってください。

 - 睡眠 ,