朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝4時半に起きる3つの方法と1つの裏ワザ

      2017/07/19


朝4時半に起きれれば、生活は非常に快適かつ余裕だらけになります。

  • 遅刻の不安をなくせる
  • 体調管理が楽
  • 勉強や趣味の時間を取れる

朝4時半に起きられれば、これらを実現することができます。

時間や体調面で圧倒的なメリットがあるため、朝4時半起きを身につけたいという人もいることでしょう。

ただ、実際に朝4時半起きをしようとしても「なかなか朝起きられない」というのはあります。

この記事では朝4時半起きを身につけたいという人に向けて、朝起きれるようになる方法を紹介します。

やり方さえ覚えてしまえば、朝4時半に起きるのも簡単です

朝どうしても起きれないという人はぜひご覧ください。

朝4時半に起きる3つの方法

朝4時半起きをする方法としては

  • アラームを複数の時間にセットする
  • いい枕やベッドを使う
  • 残業のない会社に転職する

といったものがあります。

アラームを複数の時間にセットする

朝起きるときに目覚ましを使うのは定番ですが、アラームを複数の時間にセットするのがコツ。

具体的には4時15分、4時20分などにもセットし、最終的に4時30分に起きれるようにすると効果的です。

スマホのタイマーアプリであれば、簡単に複数の時間にセットできるので便利。

起きたい時刻だけだと難しいですが、そのちょっと前のタイミングにもセットしておくことで、比較的起きやすくなります。

いい枕やベッドを使う

ベッドや枕のなかには、疲れを取りたい人向けに設計されているものもあります。

疲れがきちんと取れれば、朝起きるのも容易です

朝なかなか起きれず、二度寝してしまったという経験、あると思います。

そのときに「疲れが取れていない」「ダルくて布団から出られない」というように感じ、二度寝してしまう…

体をきちんと休められるように設計された高性能なベッドや枕を使うことで、そのような疲労感と無縁になれます。

その結果、朝4時半という早い時間でも、起きるのが難しくなくなります。

残業のない会社に転職する

疲労を残さず、朝スッキリと起きられるようになるという点では、残業をしないというのも有効です。

残業をするとその分疲れにつながってしまい、帰宅時間も遅くなってしまいます。

帰るのが遅くなると寝る時間も遅くなってしまい、疲れを取りきることができません。

その結果、朝4時半に起きるのも難しくなってしまいます。

その一方で、残業をしなければ早く帰ることができます。

疲れもたまらず、早く寝ることもできるため、朝4時半に起きることが可能です。

現代社会では残業が当たり前になってしまっているため、残業をしないためには残業そのものがない会社に転職するのがオススメ

無理してあなただけが定時退社すると周囲からの風当たりが強くなってしまいますので、環境そのものを変える方がいいです。

朝4時半に起きる裏技とは!?

ここまで朝4時半起きをするための方法を紹介してきましたが、各方法には穴があるのも事実です。

アラームを複数の時間にセットする:
一見してよさそうに見えますが、実際にやってみると「目覚ましの音に慣れてしまう」というのがあります。
朝4時半起きを身につけたいと考えているあなたは「継続的に」早起きしたいと考えているはず。
目覚ましは一時的な対処法でしかありません。

いい枕やベッドを使う:
枕やベッドにお金をかけるのは、疲れを取って自分から起きるという点で有効です。
しかし、いい枕やベッドは万単位の値段がするものもめずらしくありません。
いきなりポンッと万単位のお金を出す気にはならないですよね?

残業のない会社に転職する:
残業のない会社に転職できれば理想なのですが、転職は必ずしも成功するわけではありません
それに、転職活動していることがバレると、職場での風当たりも強くなってしまいます
村八分にされてもおかしくはありません。

このように、上で紹介した方法には無視できないぐらいの欠点があります。

対処法が穴だらけなため、もしかしたら「朝4時半に起きるのって不可能なのでは?」と考えているかもしれません。

しかし、実は上記した問題点を払拭してくれる方法があります。裏技といってもいいでしょう。

それは睡眠に関するサプリメントを使うこと。

睡眠のサプリメントには、睡眠の質を高めるうえで役立つ成分が含まれています。

ぐっすりと眠ることができれば、翌朝疲れで起きられないということもなくなりますよね?

具体的には、睡眠に関するサプリメントにはテアニンやグリシンといった成分が含まれています。

これらの成分はぐっすりと眠る、深い眠りを取るといったことをサポートしてくれ、体を休めるという点で非常に便利です。

翌朝に疲れを持ち越さなければ、疲れで起きれないということもありません。

また、睡眠のサプリメントには

  • 疲れを取るというアプローチのため、早起きを習慣化できる
  • いきなり万単位のお金を出さなくていい
  • 転職活動がバレる心配もない

といった特長もあります。

上記した方法の穴を塞いだうえで、朝4時半起きを身につけられるようになります。

サプリメントって本当に効果あるの?

もしかしたら、人によっては「サプリメントって本当に効果あるの?」と思うかもしれません。

世の中にはサプリメントを否定するような情報が少なくありませんから、疑ってしまうのも無理はありません。

しかし実際にサプリメントを使った人の口コミとしては、「効果を実感できた」というものが多いです

ぐっすり眠れてなかったので、これを飲む様になったら、疲れがちゃんととれてるのか、朝起きた時の爽快感が全然違います。
日を追うごとに、目覚ましで無理やり起こされてる感がなく、ちゃんと眠ったからがんばろう!という気になれます。

まだ飲み始めたばかりなのですが、ちゃんと寝られるってこんなに体が楽になるんだ、と早くも実感出来ています。
実は最初は、効かなかったらどうしようっていう気持ちも少しありました。
でも、飲んだ翌日にいつもはつらい目覚ましの音が、いやな感じがせずに起きられたんです。
そして少しずつなんですけど、目覚ましをパッと止められる様になっています。
今までは、もっと寝たいという気持ちが残ってしまって、止めてから二度寝してしまっていましたが、このところはないです。

これを飲む様になってからは、朝起床した時の気分がとても良くて、すっきりしています。
ヘンな夢も見なくなったので、よりぐっすり眠れているなと思います。

※アットコスメより。
http://www.cosme.net/product/product_id/10108763/reviews/

いいサプリメントの場合、口コミの8割以上が「効果を実感できた」ということもあります。

もしサプリメントが使う意味のないものだったら、ここまでいい口コミが多いということもありませんよね?

実際には、効果を実感したという口コミが大半です。

そのため、サプリメントを使う価値は十分にあります。

サプリメントに関する注意点

ここまでサプリメントのメリットを書いてきましたが、デメリットが気になるという人もいると思います。

サプリメントのデメリットとしては、100%すぐに効果が現れるわけではないというものがあります。

サプリメントには即効性がなく、使い続けることで生活を改善していくというものです。

睡眠に関するサプリメントであれば、疲れを取るという点から、朝起きたり夜ぐっすり眠ったりするのをサポートしてくれます。

効果の実感にはある程度使い続けることが必要で、3ヵ月程度使い続けると効果を実感しやすいです。

そのため、「朝4時半起きを継続的にできるようになりたい」「早起きを習慣化したい」という人には向いていますが、「一時的・一定期間でいいから早起きしたい」「即効性が欲しい」という人には向いていません。

朝4時半起きを「習慣化」したいという人だけ使うようにしてください

サプリメントに関するまとめ

睡眠のサプリメントは、朝4時半起きを習慣化するうえで非常に便利です。

疲れをきちんと取るというアプローチなため、コンスタントに自分から朝起きれるようになります。

もしあなたが朝4時半起きを習慣化し、時間と快適さの両方を手に入れたければ、サプリメントはおすすめの選択肢です。

早起きを身につけたい、継続的に朝4時半起きできるようになりたいという人は、検討する価値が大いにあります。

睡眠サプリのおすすめはこちら
https://asakatsu-hayaoki.xyz/ranking/

 - 早起き , ,