朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

「朝スッキリと起きられない」
「ベッドからなかなか出られない」
「どうしたら朝起きれるようになるの?」

朝の寝起きで悩んでいる人は少なくありません。

朝が苦手な人にとって、早起きなんて夢のまた夢です。

管理人のわたしも以前までは夜型人間で、朝起きれないのは当たり前、寝坊や遅刻も普通にしていました。

しかし、今ではわたしも朝スッキリと、かつ決まった時間に起きることができています

夜型人間だったわたしも、きちんとやり方を覚えてからは朝起きる習慣が身につきました。

実際のところ、原因を知り、正しいやり方を覚えれば、朝起きるのも難しくありません

このサイトでは、朝なかなか起きられないという方に向け、スッキリと起きられるようになる方法を紹介しています。

朝起きられるようになったあなたは、遅刻や満員電車とは無縁の生活を送れるようになります。

朝起きるための正しい方法を覚え、ぜひ朝のスッキリを手に入れましょう!

朝起きれるようになる3ステップ

朝起きられないのを克服するには、以下の3ステップが効果的です。

  1. 朝起きられない原因を知る
  2. 失敗する対処法を知る
  3. 朝起きるのに効果的な方法を知る

以下、これらの詳細について解説していきます。

ステップ1.朝起き続けることがができないのはなぜ!?

まずは朝起きられない原因を、正確に理解する必要があります。

朝起きられないと悩んでしまう原因としては、

  • 睡眠時間をきちんと取れていない
  • 疲れを翌日に持ち越している
  • ぐっすりと眠れていない

といったものが多いです。

とくに朝起きられないと悩む場合、「起き続けるのが難しい」と感じているはず。

「なぜ朝起きられないのか」を知ることで、継続して起きることも可能になります。

朝決まった時間に起き続けられないのにも、きちんと理由があるのです。

ステップ2.やってはいけない対処法・失敗例

朝起きられるようになるには、さまざまな方法が存在します。

しかしながら、「継続的に朝起きられるようになる」という場合には有効でない方法も存在します

朝起きるのを続けられれば非常に有益なのですが、どうせならなるべく失敗せずに起きられるようになりたいですよね。

そこで、管理人がやってみてダメだった方法を紹介します。

これらの「落とし穴」に気をつけて対策をすることで、失敗しないやり方を知ることができます。

ステップ3.継続的に朝起きるうえでおすすめの方法とは!?

朝起きられない原因・失敗するケースを理解したら、実際に対処法を知り、取り組んでみましょう。

朝起きられるようになるためには、疲れを翌日に残さず、自分から起きられるようになることが大切です。

そのためには

  • 残業をしない
  • いい寝具を使う
  • 睡眠サプリを使う

といった方法があります。

おすすめの方法はどれ?

これらについてですが、前2つについてはデメリットがあります。

残業をしないというのは「疲れをためない」「体を休める時間を確保する」といったものです。

疲れを翌日に持ち越さないことで翌朝起きるのも楽になります。

しかし現実性に関していえば、残業しないというのは非現実的です。

まだまだ日本は残業社会なため、残業をせずに帰るというのは風当たりや世間体の面でよろしくありません。

疲れを取るという点に関していえば、これ以外にも方法はあります。

また、寝具のなかにはオーダーメイドのものもあり、疲れを取るうえでは効果的です。

自分の体に合ったものを使うことで、疲れを翌日に残すということを避けられます。その結果、朝起きるのも容易になります。

しかしいい寝具を使うことにもデメリットはあり、結構お金がかかります。

いい寝具についてはひとつ買うのに万単位の値段がします。

それに、いくらいい寝具といっても結局は劣化して買い換える必要が出てくるのも事実です。

疲れを取り、朝起きられるようになるにあたっては、これ以外にも負担の少ない方法はあります。

前2つの対処法のデメリットを解決できるのが睡眠サプリです。

睡眠サプリには「疲れを取る」「ぐっすりと眠る」といったことをサポートしてくれる成分が含まれています。

そのため疲れを残さない、朝気持ちよく起きるということをより効率的に行うことが可能です。

また睡眠サプリは残業の疲れに対しても使えますし、値段も1日あたり飲み物1本分と非常に安いです。

現実性と価格の面で非常に優秀な方法が睡眠サプリで、疲れを取り、自分から起きる習慣が身につきます。

いい睡眠サプリを選ぶことで、朝自分から起きるのも容易になります。

上にあげたページを読むことで、失敗しないサプリメント選びをすることが可能。

疲れを効率的に取り、良質な睡眠を取ることで、朝決まった時間に起きるどころか、なんと早起きまで習慣化できてしまいます。

朝起きるのは習慣化できる!

朝起きられるかどうかということに関しては、原因と正しい方法を知ることで対処していけます。

朝起きられるようになるにあたっては、特別な才能は必要ありません

適切な対処法を取ることで、継続的に朝起きられるようになります。

たとえ夜型の人であっても、やり方次第で朝早い時間に起きることを習慣化可能です。

そのため、まずは自分にできることから始めていきましょう。

最新情報

公開日:
最終更新日:2017/07/30