朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝起きることができない原因

朝起きれないことにも、原因はきちんとあります。

「朝起きるのが苦手」「ベッドからなかなか出られない」といった場合でも、原因をきちんと知れば、対処も難しくはありません。

このページでは朝起きるのが苦手という人に向け、朝起きれない原因を解説します。

朝起きることができない原因

朝なかなか起きることができない原因としては

  • 疲れを取り切れていない
  • 寝る時間が遅い
  • 睡眠の質が悪い

といったものがあります。

疲れを取り切れていない

疲れを取り切ることができず、次の日に疲れを持ち越してしまうと、朝起きるのが難しくなります。

疲れてベッドから出られない」といった経験ありませんか?

疲れをきちんと取れないと、疲労感を感じてしまい、スッキリと起きることができません。

きちんと体を休め、疲れを取ることができていないと、朝起きるのも難しいです。

ゆったりとリラックスした状態で眠りにつき、体をきちんと休められれば、翌日に疲れを持ち越すということもありません。

寝る時間が遅い

朝起きるにあたっては、十分な睡眠時間が取れていなければ、決まった時間に起きるのも難しいです。

よく「朝起きるのには目覚ましが便利」というのが言われますが、あれは目覚ましに「起こしてもらっている」状態。

いわゆる無理やり叩き起こされている状態に過ぎません。

短時間睡眠を目覚ましで乗り切ろうとして起きれなかった経験、ありませんか?

目覚ましも一時的には使えますが、だんだんと音に慣れていってしまいます。

その結果、起きるのも難しくなってしまいます。

実際のところ、早く寝ることを心がければ、朝自然と起きるのも可能です。

目覚ましに叩き起こしてもらうのではなく、自然と目が覚めるようになることで、決まった時間に起きるというのもできるようになります。

朝起きれるようになるうえでは、十分に睡眠時間を取るというのも欠かせません。

睡眠時間としては、少なくとも6時間以上は欲しいところです。

睡眠の質が悪い

睡眠の質が悪いと「よく寝た感じがしていなくて起きれない」ということにつながってしまいます。

同じ6時間の睡眠でも、ぐっすり眠れた場合とよく眠れなかった場合とでは、起きやすさも全然違ってきます。

質のいい睡眠を取れないと体も休まらないため、朝起きれるようになりたいのであれば、睡眠の質は無視できません。

良質な睡眠は、ぐっすりと寝た感じや、体を休めて疲れを取るといったことにつながります。

睡眠の質を改善することで、寝た感じがしない、疲れが取れないといったことに対処することができます。

朝起きれない原因のまとめ

朝起きれないことの原因としては

  • 疲れを取り切れていない
  • 寝る時間が遅い
  • 睡眠の質が悪い

といったものがあり、対処法として

  • ゆったりとリラックスした状態で眠りにつく
  • 早く寝る習慣を付ける
  • 睡眠の「質」も重視する

といったことをすれば、朝起きるのも容易です。

十分に疲れを取り、質・量ともに心がけるようにすれば、朝起きれないことにも対処していけます。

補足:より効率的に対処したいのなら

朝起きれないのを効率的に対処したいのであれば、睡眠サプリが便利です。

睡眠サプリには

  • グリシン(深い眠りをもたらしてくれる)
  • テアニン(睡眠の質を改善)
  • GABA(リラックスした睡眠をサポート)

といった、良質な睡眠のカギとなる成分が含まれます。

良質な睡眠を取れれば、疲れを取るのが楽になりますし、寝た感じがしないということも避けられます

サプリメントそのものには、「朝目が覚めるようになる」といった効果・作用はありません。

しかしサプリメントでこれらの成分を摂ることにより、疲れを取る、ぐっすり寝るといったことが効率的にできるようになります。

そのため、朝起きれないことに対して、効率的に対処していくことが可能です。

疲れをきちんと取り、朝スッキリと起きれるようになりたい人にとって、睡眠サプリはかなり便利な存在です。朝起きるのを習慣化したいという場合にはかなり役立ちます。

遅刻の不安をなくしたい、時間に余裕のある生活をしたいという場合には、検討する価値が大いにあります。

公開日:
最終更新日:2017/07/17