朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝起きれるようになりたいあなたにおすすめの睡眠サプリメント・快眠サプリメントランキング

トリプトファンが含まれる睡眠サプリについて

睡眠サプリにはグリシン、テアニン、GABA以外の成分も含まれます。

グッドナイト27000にはトリプトファンが含まれており、セロトニンやメラトニンの生成といった点で役立つ成分です。

トリプトファンは心のバランスを維持してくれるセロトニンを生合成してくれます。

また、セロトニンは良質な睡眠のカギとなる物質であるメラトニンの分泌を促します。

夜ぐっすり眠る、朝から心身ともに元気に活動するにあたっては、セロトニンやメラトニンが欠かせません

グッドナイト27000にはトリプトファンが含まれていて、セロトニンやメラトニンの生成・分泌もサポートしてくれます。

睡眠サプリの形状・飲みやすさについて

クセがなく飲みやすいサプリメントのタイプとしては、カプセルタイプ、タブレットタイプのものがあげられます。

とくにカプセルタイプのものであれば、味にクセもなく、飲みやすいです。

睡眠サプリに関してはほかにもドリンクタイプ、粉末タイプのものもあります。

ドリンクタイプのものに関しては、味にクセがあります。

苦味がある、柑橘系の味が強いなど、人によって好みが分かれてしまいがちです。

また、粉末タイプのものはいちいち溶かす必要があり、手間なのがあります。

カプセルタイプのサプリメントであれば、溶かす手間も必要ありません。

非常に手軽に飲むことができます。

睡眠サプリのおすすめの飲み方は?飲むタイミングは?

睡眠サプリには、どの時間に飲む、どれぐらい飲む必要があるといった指定はありません。

基本的には好きな時間に飲むことができます。

また一日あたりの推奨量については、飲みすぎないようにするための意味合いもあります。

睡眠サプリは飲むに当たってはコツがあり、「寝る前に飲む」というものです。

睡眠に関するサプリメントのなかには、グリシンが含まれているものも多いです。

グリシンは寝る直前に摂るのがよく、それより前のタイミングだと摂っても睡眠の質の改善には反映されません。

また、寝る前に飲むと決めておけば、サプリメントを飲み忘れることもありません

サプリメントは続けることが重要なため、飲み忘れないというのは非常に重要なポイントです。

寝る前に食事をすると、消化で体が休むことができなくなってしまいます。しかし、サプリメントであれば消化に負担もかかりません。

サプリメントを摂ることにより、心身ともにゆったりと休むことができるのです。

睡眠サプリの副作用・依存性について

睡眠サプリについて、副作用や依存性が気になる人もいるかもしれません。

結論からいうと、睡眠サプリに副作用・依存性はありません

睡眠サプリはあくまでもサプリメント、すなわち健康「食品」です。

薬と違って副作用や依存性はないため、安心して飲むことができます。

睡眠薬・睡眠導入剤との飲み合わせについて

睡眠サプリのなかには、バレリアンセントジョーンズワートが含まれるものもあります。

これらの成分は、ごく稀にですが、睡眠薬や睡眠導入剤の作用を強めてしまうことがあります。

ランキングで取り上げたグッドナイト27000、爽眠α、リフレのぐっすりずむについては、バレリアン・セントジョーンズワートは含まれていません。

ただ、より安全に飲むのであれば、睡眠薬や睡眠導入剤を出されている人は医師や薬剤師との相談をおすすめします。

そのほかの薬との飲み合わせについて

睡眠に関するサプリメントには、テアニンが含まれているものが少なくありません。

もし降圧剤や興奮剤を出されている場合には、飲む前に医師や薬剤師に相談するようにしてください

テアニンは降圧剤や興奮剤との併用について、作用・効果を弱める可能性が報告されています。

そのため、降圧剤や興奮剤を出されている場合には飲む前に相談すると安心です。

降圧剤・興奮剤とは?

睡眠サプリに即効性はあるの?

睡眠サプリについて、即効性が気になっている人もいることでしょう。

結論からいうと、睡眠サプリに即効性はありません

睡眠サプリは使い続けることで徐々に効果を実感できるようになるもので、睡眠の質の改善を目的としています。

即効性が欲しい場合には睡眠薬、睡眠導入剤などの薬を使うようにしてください。

また、すでに睡眠薬や睡眠導入剤を出されているほどの重度の不眠症の場合には、睡眠サプリを使ってもそこまで効果を実感できない可能性があります。

睡眠サプリを飲む際にやってはいけないこと

睡眠サプリが睡眠の質を高めるサポートをしてくれるのは事実です。

しかしながら、寝る前の行動などによっては、飲んでもあまり効果を感じられないということにつながってしまいます。

寝る前にカフェインを摂る

睡眠サプリには睡眠をサポートしてくれる成分が含まれますが、寝る前にカフェインを飲んでしまうとそれも無意味になってしまいます

カフェインを摂ると目が冴えてしまい、寝るのが難しくなります。

その結果、眠りにつくというのも難しくなるため、せっかくのサプリメントも台無しです。

サプリメントはあくまでも質の高い睡眠・リラックスした睡眠をサポートしてくれるだけで、眠りを促す効果はありません。

寝る前のカフェインは、たとえサプリメントを飲んだとしても避けるべきです。

アルコールを飲む

アルコールを飲むと寝付くのが楽になり、ぐっすり眠れるかのように思えます。

しかし実際には、アルコールによって得た眠りは浅い眠りです

それにアルコールを寝る前に飲んでしまうと、のどが渇く、トイレに行きたくなるなど、途中で起きてしまう原因にもなります。

また、サプリメントとアルコールを一緒に飲むと、サプリメントに含まれる成分が予想外の働きをもたらす可能性もあります。

そのため、サプリメントを飲む際にはアルコールは避けるようにしてください。

寝る前にスマホをいじる

寝る前のスマホは脳を覚醒させてしまうため、避けるのが吉です。

また、目が疲れることにより、翌朝なかなか起きられないということにもつながってしまいます

サプリメントを飲んでも、寝る前にスマホをしてもいいとはなりません。

寝る前スマホの目の疲れ・脳の覚醒の前には、たとえサプリメントであっても意味をなしません。

せっかく睡眠の質を高めようとサプリメントを飲んでも、意味がなくなってしまいます。

寝る前にパソコンをやったりテレビを見たりする

寝る前のパソコンやテレビはスマホと同様、目の疲れや脳の覚醒という点でよろしくありません。

ついついテレビを見てしまう、パソコンでネットサーフィンをしすぎてしまうという人は注意が必要です。

わたしも以前までは寝る前までネトゲをしている人間でしたが、寝る前にパソコンということで朝起きるのが難しかったです。

サプリメントを飲んでも、脳の覚醒や目の疲れに関しては意味がありませんので、寝る前はパソコンやテレビも避けるのがベター

パソコンでの作業も、日中のうちに集中して終わらせてしまいましょう。

寝る前にラーメンやカツ丼などを食べる

寝る前にラーメンやカツ丼を食べると、それだけ消化で体を使うことになります。

ラーメンやカツ丼など、重いものに関しては、寝る2~3時間前までにしておきましょう

体が食べ物の消化に追われていると、それだけゆったり体を休めるのも難しいです。

寝る前にお腹が空いた場合については、ホットミルクなどで代用するのがおすすめ。

ホットミルクなどの軽いものであれば、そこまで消化に体を使うということもありません。

なお、サプリメントを寝る前に飲むということについても、そこまで消化の負担にはなりません。

そのため、寝る前のサプリメントについては、消化で体が休まらないことへの心配は不要です。

睡眠サプリは短時間睡眠にも使えるの?

睡眠サプリは睡眠の質をサポートしてくれることから、短時間睡眠に対しても使えます。

忙しくて短時間睡眠しか取れないという場合にもサプリメントは便利で、睡眠の質の向上をサポートしてくれます。

短時間でもきちんと眠りたいという人にも、睡眠サプリはおすすめです

ただ、短時間睡眠をずっと続けるというのは困難です。

短時間睡眠も一時的にはいいですが、どこかできちんと体を休めないと、体を壊すことにつながってしまいます。

そのため、短時間睡眠の期間が終わった後は、ゆっくりと体を休めるようにしてください。

良質な睡眠はサプリメントだけではなく、十分な睡眠時間と体調管理のもとに成り立ちます。

口コミで評判のいい鉄板の睡眠サプリは?

口コミが好評で、鉄板の睡眠サプリといえば、グッドナイト27000です。

グッドナイト27000にはテアニン、グリシン、GABAだけでなく、トリプトファンも含まれています。

これほど睡眠の質に特化したサプリメントですから、口コミは好評で、アットコスメ内の口コミでは実に9割が「効果を実感できた」というものになっています。

質のいい睡眠サプリが欲しいという場合には、グッドナイト27000を選ぶようにするといいでしょう。

しっかりと眠るうえで役立つ成分がひと通り含まれているため、選んで損のない睡眠サプリです。

ページ: 1 2

公開日:
最終更新日:2017/12/27