朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝起きる方法の実際と失敗例

朝起きるための方法はさまざまなものがありますし、実際、WEB上を検索しても色々なものが出てきます。

ただ、出てくる方法すべてがいいものとは限りませんし、中には理想論のようなものもあります。

このページでは管理人が試してみてダメだった方法と、その詳細を紹介します。

目覚まし

朝起きる方法として目覚ましは有名です。

スマホが普及した現在では、アプリを使うことで手軽にセットすることができます。

複数の時間にセットする」「5分ごと10分ごとにセットする」というのは、かなり一般的。

このページを読んでいるあなたも、これぐらいはやったことがあるのではないのでしょうか?

複数の時間にセットする以外にも、「手の届かない位置に目覚ましを置く」というのもやり方として存在します。

これら目覚ましを使うやり方は、朝起きるのにおいて有効です。

ただし、「最初のうちは」という条件付きですが…。

というのも、目覚ましは最初は音がうるさくて起きれるのですが、使っているとだんだんと音に慣れていってしまいます

そうしてだんだんと起きれなくなってしまい、「目覚ましを使っているのに起きれない」という事態になってしまう…。

つまるところ、朝起きれる方法として目覚ましは「一時的な対処法でしかない」のです。

寝酒

「朝起きるためには寝付きをよくすればいい」という考えから、寝る前にアルコールを飲むというのも、やり方として容易に思いつくもの。

いわゆる「寝酒」と呼ばれるものです。

一見すると、ほろ酔いになることで寝付くのが楽になり、翌朝も気持ちよく起きられるようになると思われがちです。

しかしながら、アルコールによって得た眠りというのは、あまり質がよくありません。

というのも、アルコールは寝ている途中で起きる原因になりやすいからです。

たしかにアルコールは寝付く段階では楽にしてくれますが、

  • 寝ている途中でのどが渇く
  • 寝ている途中でトイレに行きたくなる
  • 眠りが浅くなってしまう

といった点から、実はあまりいい方法とはいえません。

アルコールによって無理やり寝ても、眠りそのものは浅くなってしまいます

深く眠れないと「これだけ寝たはずなのに…」ということにつながってしまい、二度寝してしまう原因にもなりかねません。

それ以外にも、のどが渇く、トイレに行きたくなるなどで途中で起きるのも、ぐっすり寝た感を阻害してしまいます。

これらによって二度寝してしまうと、最終的には遅刻につながってしまいます。

朝起きるためには寝付きは大切ですが、アルコールで無理やり解決しようとしてもかえって逆効果です。

気合い

朝起きることに関しては、たまに「気合いで起きる」みたいなことがあがります。

これに関しては「理想論」というほかないでしょう。

気合いで起きるというのは、もしできるのであれば誰も苦労していないです。

それこそ地球上にいる全員が不眠不休で働いて、気合いで起きているといった社会になるでしょう。

朝起きれないという悩みとも無縁なはずです。

しかし実際には、気合いで起きるというのは困難を極めるもの。

疲れが取り切れていない場合、きちんと起きてベッドから出るというのは非常に難しいです。

気合いというもので何とかなっていたら、誰も遅刻や寝坊の不安には悩んでいません。

管理人のわたしも気合いで起きることを試みましたが、うまくいきませんでした

実際には、朝起きれるようになるのも理詰めによる部分が大きいです。

「朝この時間に起きるにはどうすればよいか」
「ベッドから出られないのは、疲れが取り切れていないからではないのか」
「疲れで起きれないのなら、どうやったら疲れを効率的に取れるか」

といったように、原因を考えて対策を実行していくことで、朝起きるのも身に付けることができます。

気合いというのはあまりにも現実性がなく、実際には理詰めで考えて解決していくことが重要です。

公開日:
最終更新日:2017/07/17