朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝起きれない場合の失敗例:目覚まし

朝起きるうえでは、目覚ましは一般的に言われることが多いです。

目覚ましを効果的に使う方法も広く言われており、「朝起きる=目覚まし」という流れで考えている人もいることでしょう。

ただ、管理人が目覚ましを使ったところ、朝起きれるようになったかといえばそこまででもありません。

正確にいえば、「最初は」起きることができましたが、だんだんと起きれなくなっていったというのがあります。

このページでは目覚ましを使っても起きれないことについて解説します。

朝起きれない場合の失敗例:目覚まし

「朝起きる」と聞くと連想しやすいのが「目覚まし」。

目覚ましのうるさい音で起きれることから、朝起きる手段としてはかなり普及しています。

最近ではスマホが普及してきて、アラームアプリを使うことで簡単にセットできるようになりました。複数の時間にセットするのも非常に簡単です。

実際、目覚ましやスマホのアラーム機能を使うことで、朝起きることができます。

ただ、やってみるとわかるのですが、だんだんとアラーム音に慣れてしまうのも無視できません。

これによりだんだんと朝起きれなくなっていき、寝坊する不安でいっぱいの生活に逆戻りというのが、目覚ましを使った場合の実際です。

効果的な使い方はあるものの…

目覚ましに関しては

  • 複数の目覚ましを使う
  • 複数の時間にセット
  • 手の届かない位置に置く

といったことで、より起きやすくなるのはあります。

たしかに、これらの施策をすれば起きれるようになります。

しかしながら、どうしても「音に慣れてしまう」というのは避けられません。

遅刻の不安を解消するうえでは、これはかなりの問題点です。

目覚ましのアラーム音に慣れてしまい起きれなくなると、遅刻の不安に再び悩むことになります。

目覚ましに「起こしてもらっている」状態

目覚ましで起きるというのは、目覚ましのうるさいアラーム音で寝ていられなくするということ。

言い換えれば、目覚ましに「叩き起こしてもらっている状態」でしかありません。

目覚ましに起こしてもらっているというのは、言い換えれば「目覚ましに依存している」ということ。

遅刻の不安と無縁になりたいのであれば、自分から自然と起きられるようになる必要があります。

自分から起きられるようになるためには、遅くまで起きていない、疲れを残さない、ゆったりとした睡眠を取るといったことが欠かせません。

これら当たり前のことをやることで、朝起きるのも習慣化することができます。

まとめ

目覚ましは朝起きる方法として言われることは多いものの、実際には「音に慣れてしまう」という大きな欠点があります。

そのため、朝起れるようになり、寝坊の不安を解消するうえでは、目覚ましに頼らず自分から起きることが必要です。

早く寝る、疲れを残さない、ぐっすり寝るなどといった基本をきちんとこなすことで、朝起きるのも身についてきます。

公開日: