朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

朝起きれない場合の失敗例:寝酒

寝付きが悪くて寝られず、朝起きることができない…

このような状況に陥り、寝付きを良くするためにアルコールを飲んでいるという人もいるのではないのでしょうか?

いわゆる寝酒というやつです。

わたしも一時期やってはいましたが、朝スッキリと起きることに関して言えば、よろしくありませんでした

このページでは寝酒がよくない理由について解説します。

朝起きれない場合の失敗例:寝酒

もしあなたが朝スッキリと起きたいのであれば、寝酒は逆効果です。

寝付きそのものは楽にはなるものの、

  • 浅い睡眠になってしまう
  • 寝ている途中で起きる原因になる

というのがあり、寝ている途中で起きる原因になってしまいます。

それにより朝起きるうえでは悪影響となるため、朝起きようと考えているのであれば、寝酒は控えるべきです。

寝ている途中で起きることに関しては、のどが渇く、トイレに行きたくなるというのがあげられます。

寝るためにアルコールを飲み、その結果寝ている途中で起きてしまうのは、本末転倒としか言いようがありません。

アルコールで無理やり寝付こうとしてはいけない

つまるところ、アルコールによって得た眠りは浅い睡眠なわけです。

アルコールで無理に寝付かせても、睡眠全体で見ればよろしくありません。

管理人のわたしもアルコールでほろ酔い→寝付くというのをやってはみたものの、途中で起きてしまうなど、寝付き以外の部分ではいいことがありませんでした。

どうしても寝ている途中で起きてしまいますし、朝になってもどことなく寝た感じがしない…

一見して睡眠によさそうに見える寝酒ですが、ぐっすり眠る、朝スッキリと起きるといった面で見ればよくないのが実際です。

まとめ

アルコールは睡眠に関してよさそうに見えますが、実際には浅い睡眠になってしまいますし、のどが渇くなどで起きたくなったりもします。

眠りが浅いとぐっすり寝た感じもなくなってしまうため、結果としてベッドから出る、スッキリと起きるといったことも難しいです

睡眠に関しては早く寝る習慣を付ける、疲れをきちんと取るといったことが重要で、アルコールで無理やり寝ようとしてもいいことはありません。

朝起きれるようになりたいのであれば、寝酒で無理やり寝るというのは避けるべきです。

公開日: