朝起きられない人のための睡眠対策

スッキリとした目覚めの秘訣をわかりやすく解説!

*

睡眠薬とサプリメントの違い

「睡眠や不眠に関するサプリメントと睡眠薬ってどう違うの?」

サプリメントと薬の違いについて、疑問に思っていることでしょう。

実際、サプリメントと薬との間には大きな違いがあります

この記事では両者の違いを解説し、睡眠サプリとは何かについて解説します。

睡眠サプリメントと睡眠薬の違い

まず、睡眠サプリメントと睡眠薬の違いから説明します。

睡眠薬

  • すぐに効果が出るように作られている
  • 手に入れるには処方箋が必要
  • 薬なので副作用・依存性がある

 

サプリメント

  • 長期間飲むことを前提に作られている
  • 処方箋がなくても入手可
  • 副作用・依存性の心配がない

一見すると同じように見える薬とサプリメントですが、実はこのように明確な違いが存在するのです。

睡眠薬の良い点はすぐに効果が出ることですが、依存してしまう可能性もあります。

また入手には処方箋が必要となります。数ヵ月分まとめて出されるということもありません。

対して、睡眠サプリは長期間飲むことを前提に作られています。

そのためある程度お金がかかりますが、副作用がない、処方箋をもらわなくて良いといったメリットが存在します。数ヵ月分用意しておけば、いちいち注文したりする手間が省けます。

さらに、サプリメントには依存性がありません。

薬のような依存性が怖い場合でも安心して飲むことができます。

このような違いは睡眠に関するものだけでなくあらゆる薬とサプリメントに当てはまりますので、覚えておくと便利です。

違いがわかっていれば、サプリメントを使うのも安心です。

 

サプリメントの基本

睡眠に関するサプリメントにはテアニンやグリシンなどの成分が含まれています。

サプリメントを使うことによる利点は

  • 欲しい成分をピンポイントで摂取できる
  • 食事メニューを考える手間を減らせる

といったものがあり、欲しい成分を確実かつ簡単に摂取したいときに便利です。

目的とする成分を摂取するのに献立を考えるのは手間です。献立レベルで変えようとすると、サプリメントを買うよりもお金がかかってしまいます。

サプリメントは欲しい成分を狙って摂ることができ、献立レベルでの行動も不要なため、手間もコストも抑えることができるのです。

またサプリメントはあくまでもサポートをしてくれるものであり、薬のような即効性・治癒効果はありません

睡眠に関するサプリメントでいえば、グリシンやテアニンといった成分は多くの商品に含まれていますが、それ自体が不眠症を治すというものではありません。

リラックス作用などについて報告されている成分を豊富に含んでいるだけであり、病気を治すわけではないのです。

 

睡眠サプリメントに含まれることの多い成分

ひと言に睡眠サプリメントといっても、数多くの製品が存在します。

しかし共通している成分は存在し、

  • テアニン
  • グリシン
  • GABA

あたりは、睡眠に関するサプリメントに含まれていることが多いです。クワンソウ、カモミールも含まれていることがあります。

これらの成分にはリラックス作用、ストレス軽減、睡眠の質の向上などが報告されています。

リラックス作用によって睡眠に入るための準備をしてくれる、ストレス軽減や睡眠の質向上によりぐっすり感、スッキリ起きられるなどといった恩恵を受けられるのです。

上記した成分は普通の食べ物にも含まれていますが(例:テアニンは緑茶に含まれる)、食べ物で網羅的に摂取しようとなると食事のメニューから考えて変えていかなければなりません。

食事メニューから変えるとなるとお高くつきますし、食材を調理しようとなると時間的にも体力的にも負担です。それによって疲れてしまっては本末転倒でしょう。

サプリメントには睡眠のカギとなる成分が含まれているものが多く、上にあげたテアニンやグリシンといった成分を簡単に摂取できます。

まとめ:サプリメントは快適な睡眠をサポートしてくれる

サプリメントは睡眠薬との間に明確な差があります。

睡眠サプリは食品であり、長期的な使用によって睡眠の改善をするためのものです。

逆に睡眠薬は即効性によって病気の治療をするためのもので、サプリメントとは全然別物なのです。

睡眠サプリは質のいい睡眠のカギとなる成分を簡単かつ確実に摂取できます。

睡眠の質を改善したいという人にサプリメントはおすすめで、続けることによって気持ちのいい睡眠を体感できることでしょう。

値段もそこまで高くないため、お試しで効果が実感できなくても大損失とまではいきません。食事メニューを変えて本格的にやろうとした場合、サプリを買うよりもお金がかかることが多いですし、調理や献立を考える手間も省けます。

公開日:
最終更新日:2017/07/17